失敗なし!生ごみコンポスト入門編

コンポスト/

growfood365のプランターバッグはメッシュ製。通気性があり水を弾く素材であることからコンポストとしても使用できます。バケツコンポストでは通気性がなく腐敗する。不織布(フエルト)では堆肥化する水が素材に沁み込んで臭う。そんな失敗を繰り返した筆者が自信をもってお勧めするプランターバッグコンポストでの生ごみ堆肥の作り方です。 生ごみって時間がたつと土に戻る!それを実感していただければと思います。

用意するもの

✅プランターバッグ(サイズ何でも!)

✅柄の長いスコップ(ホームセンターで1,000円以下で売っています)

✅土

✅毎日の生ごみ

生ごみの下ごしらえ

野菜くずなどは大雑把に刻む。3㎝位が目安です。ここでは日々かき混ぜるということをせずに自然に発酵させて堆肥化を目指します。なので小さく刻んで分解されやすいようひと手間かけます。面倒ですがごみが出た時点さっと包丁で刻んでしまいしょう。茶殻はぎゅっと絞って下さい。

干すのはやめて乾いた土と混ぜる

今回はもう干すというのをはしょります。一般的には軽く干すと水分が飛んで腐敗しにくくなりますが、新聞紙に広げてしおれさせるというのは結構面倒な作業です。季節によってはこの時点でハエが来る場合もあります。後の新聞紙も処理にも困る。なのでこの工程はナシとします。

その代わりに乾燥させた土とよく混ぜて下さい。あらかじめ生ごみの水分を絞っておけば、そんなにビショビショという感じにはならないはずです。乾いた土が野菜の水分と馴染むと堆肥化が早くなります。

最小限の作業の繰り返し

プランターバッグに土を入れる → 土まみれの生ごみを入れる → 土を入れる → 土まみれの生ごみを入れる、の繰り返し。入れる土は湿っていても構いませんがドロドロなのはダメ。重ねる注意点としては、側面から直接生ごみが見えないようにする。つまり中心部に生ごみが寄るようにする。お饅頭の皮が土で餡子が生ごみ。それが何個も平べったくプランターバッグに重なっている状態をイメージして下さい。

プランターバッグの縁まできたらあとは雨のかからない場所に置いておきます。時期にもよりますが一か月もすれば生ごみは分解されているはずです。まだ形があれば少し水をかけて様子をみます。

堆肥化するスピードを上げるには

このやり方は『生ごみを自然の力で堆肥化させる』という手軽な方法です。匂いもなく生ごみが分解されるのですが、時間がかかるので大量の生ごみを堆肥にしたいときにはそれなりのスペースが必要になります。家の生ごみを全部堆肥にしたいという方にはもっとスピードが必要になります。ぜひ他の私のコンポスト記事も参考にして下さい。間違っても特大プラスチックごみバケツをコンポストにはしないように!私は通気の重要性を理解する前にプラスチックバケツを使って生ごみの堆肥化に失敗し、真夏に蛆虫大発生という地獄を経験しています。けれどプランターバッグ3Lを使えばそんな失敗もなく穏やかに堆肥作りが楽しめます。