茶殻堆肥の簡単で失敗しない作り方

コンポスト・堆肥

作り方の動画はコチラ

茶殻堆肥の動画はコチラ!私は日本茶が好きで毎日茶殻が山盛り出るけど、普通のお宅はどうなのかしら…そこがちょっと不安です! これを始めてから収集ゴミの量がグンと減り有料ゴミ袋の節約にもなりました。

材料お茶殻だけってどうなの?

生ごみ堆肥に興味があるけどちょっとな…という方には茶殻のみの堆肥を勧めています。

茶殻もいろいろあるけど?とお思いでしょう。私は何茶であろうと区別せず「茶殻」。なんならたまに飲むコーヒーかすも「茶殻」です。科学実験というわけじゃなし、そこはざっくりでいいと思います。そもそも堆肥は肥料ではありません。堆肥を何故土に混ぜるかというと、様々な土壌微生物が分解した有機物を土に混ぜると土の排水性や通気性が上がるため。牛ふん堆肥、鶏ふん堆肥などと同じ並考え方で単一材料でも何の問題もないと思います。そして単一材料の堆肥の良いところは完熟の見極めが簡単にできる!これはとても大切なことです。

緑茶、玄米茶の茶殻

深蒸し、浅蒸しとバリエーションはありますが両方とも茶葉を蒸して作られています。一旦蒸してあるので茶殻も発酵しやすいんですね。玄米茶のお米も蒸してから炒ってあるので発酵問題なしです。

ほうじ茶、麦茶、コーヒーの茶殻

ほうじ茶は緑茶を炒ったものです。茶殻堆肥を作る方ならわかって頂けると思うのですが、ほうじ茶の茎部分が一番堆肥になるのが遅い。麦茶でもコーヒーでもそうですが、いくら一旦蒸されていようが炒ると少し発酵に時間がかかります。ほうじ茶の茎は最後まで形が残りますが他が発酵していれば気にしないでかまいません。お茶殻のよいところはちゃんと土と混ぜておけば腐敗に転じないというところです。

紅茶、烏龍茶の茶殻

もともと発酵茶なので一番早く堆肥化します。土と混ぜて発酵させるとあっという間に形がなくなります。発酵茶のお茶殻がたくさん手に入るならお茶殻堆肥は本当に簡単です。

茶殻堆肥の良いところ

とにかく簡単。面倒なら難しく考えずプランターバッグに土とよく混ぜて放置。茶殻3土7くらいで5月から10月だったらひと月前後で発酵してくれます。気温が高ければ発酵はどんどん進みますし、土とよく混ぜて置けば腐敗しない。ゴミ出しの量が減る。お茶が好きな方は全員軽い気持ちで茶殻堆肥に挑戦して欲しいと思っています。