有機肥料か化成肥料か

その他

グロ子です。
プランターバッグで使う肥料の量なんか知れてるのにコスパ意識して大袋を購入。臭い鶏糞減らなくて泣きたくなったことがあります。

そもそも肥料とは何ぞや

良いのは重々わかっていてもニオイがちょっと困る有機肥料。
家庭菜園愛好家に嫌われがちな化成肥料。
肥料への認識ってそんなものですよね。
そもそも肥料は野菜が育つ栄養分。もともと土にも含まれていますがそれだけでは足りない場合があります。
プランターバッグやプラスチックプランターなどの限られた土の量で栽培する場合、それだけではちょっと厳しい。
土も使い回しになるのでやはり栄養分は補ってやらねばならない。
安心安全な野菜を上手く栽培するにはどうすればいいか。
それを長く続けるには何に配慮すればいいか。目的を明確にして一歩前進していきましょう!

有機肥料と化成肥料は成り立ちが違う

有機肥料は肥料となる栄養分を動植物から生成しています。
代表的なものは鶏糞、油粕、魚粉、草木灰などで、いわゆる窒素リン酸カリ以外にも様々な微量要素を含んでいます。
また有機物を分解する微生物の存在が大きく、それがいわゆる土壌改良効果を上げます。

化成肥料の原料は空気中の窒素やリン鉱石カリウム鉱石です。
これも本来自然にあるもの天然物から作られてはいるのですが、過剰に使い地下水汚染などを引き起こした過去があるせいかあまり良い印象を持たれていない気がします。
化学的な工程を経て抽出して作られるため微量要素は含まれていません。
きっぱりと栄養分のみです。

そうなると特徴が違う

有機肥料には肥料としての機能と土壌改良の機能があります。
一方化成肥料には肥料成分のみ。ストレートにそれのみです。
化成肥料は土が傷むというのはそのため。
私は家庭菜園を始めた当初、花に使っていた化成肥料を使用し、土壌改良は植替えのタイミングで行っていました。
葉物野菜などの栽培期間が短いものはそれで良いのですが、栽培期間の長い野菜では撤収後の土が荒れてしまって再生するのにとても時間がかかりました。
その反動で次は有機肥料をあれこれ使用しましたが、油粕や鶏糞などは加工して粒状や粉状にしたものでもニオイがあります。
住宅地の庭で使うのにはちょっと不向き。
マンションのベランダ菜園でも風向きによっては気を使うのではないでしょうか。

有機肥料には土壌改良効果とニオイ有り。
化成肥料には土壌改良効果とニオイなし。代表的な特徴です。

そしてやっぱり効き方が違う

有機肥料と化成肥料では効いてくる速さが違います。
有機肥料は遅効性肥料、緩効性肥料とも言われ効きが遅い。つまり元肥向きです。
ニオイがあるにもかかわらず効きはゆっくり。つらいところです。
また効きが遅い為につい使い過ぎてしまいます。
栽培していた野菜を撤収しても使われない肥料分がバランス悪く土に残留している場合も多いです。
化成肥料には速効性がありますが、微量要素が含まれていません。
微量要素は植物の生長に不可欠であり、マグネシウムや鉄などが欠乏すると植物は弱って病気になり育ちません。
肥料は足りていても植物は育たないのです。
そして長期の栽培や繰り返しの化成肥料のみでの使用で限られたスペースの土が駄目になってしまいます。

だったら混合肥料があるじゃないか

居住エリアと隣接するスペースでプランターバッグに使用するなら有機成分入り化成肥料がベストだと思います。
いまの有機化成肥料(ネーミング紛らわしい!)は有機寄りのものが増えています。
微量要素も多く含ませてあり、土壌改良効果も期待できます。
また効きは何日間かも表示されているので使い過ぎが防止できます。

「化成」という響きに違和感を持ってしまいますが、有機肥料からニオイを抜いてNPKをバランスよく足したものと考えるとまさに良いとこ取りではないでしょうか。
有機成分が多いものを選んで下さい。少し割高と感じるかもしれませんが、鶏糞や魚粉などに比べ開封後の保存もきくし品質も変わりません。
プランターバッグで楽しむ家庭菜園では肥料はそんなに量は使いませんし使うべきではありません。
有機化成肥料は固形であっても液体であってもコストパフォーマンスはとてもよい便利な商品だと思います。
元肥にも追肥にも使えるものが人気です。

有機肥料を使いたいなら

牛糞や鶏糞は割高であっても小分けのものを購入して下さい。開封後使い切るのが理想です。
有機肥料は保存中に虫が湧きます。また土に入れ過ぎても土中で虫が湧くことがあります。
化成肥料の過剰分の土壌残留は地下水汚染が環境問題として注目されていますが、有機肥料であってもそれは全く同じです。
有機であれ化成であれ過剰施肥は大きな問題となります。適量を守りましょう。