支柱と茎の一番良い結び方

その他

私がやってる支柱と茎との結び方。8の字結びよりずっといいんです。まずは見てください。そして騙されたと思ってやってみて下さい。後悔はさせません!

8の字結びはもう古い

これが8の字結び

支柱と茎を結ぶ時、テキストなどでは8の字結びをすすめています。

私のYouTubeでも説明したように紐に余裕があっていいのですが、葉っぱの支えがある位置で結ばないとストンと下まで落ちてしまいます。これではいけませんね。

結び方のベストはこれだ!

あらかじめカットした紐を二つに折り、支柱の結びたい位置に端を輪部分に通して引っ張り固定します。わかりにくかったらYouTubeでしつこく説明しております。

紐はあらかじめカット
輪部分に端をくぐらせて
ぎゅっと引っ張る

支柱部分で紐がしっかり固定されるのであとは茎を入れて結ぶだけ。茎部分の締め付けはお好みで自由に変えられます。葉っぱの有無に関わらず紐の位置が固定されて便利。緩めて微調整もできます。

ゴミ出しまで見据えておこう

紐は最終的に土に還る普通の麻紐が一番いいと思います。環境問題を意識してというよりも後の処理がが断然楽だからです。私が支柱と茎を結ぶのは主にエンドウマメですが、針金で結んでいた頃は撤収後のより分けが大変でした。家でやる家庭菜園はゴミ出しのことまで考えましょう。最低限のマナーです。