ヨーグルト1個でできる土づくり

コンポスト/プランターバッグ/野菜栽培
グロ子
グロ子

種まきや植付けの1週間前にやるひと手間で土の有機物が活性化されます。ヨーグルトだけでできる土づくりです!

土や腐葉土の当たりはずれって最近多い気がします

プランターに土を入れたり、プランターの土をほぐしたりするのってどのタイミングでやりますか?野菜(花)の種まきや苗の植付けをするときにやる方がほとんどなのではないでしょうか。そしてその時になってから「この培養土、なんだか水を弾くなぁ」とか「腐葉土混ぜたけど馴染みがいまいち…」などと思ってしまうこともあるかと思います。プランター栽培は限られた場所でやるのでたくさんの鉢数を維持できるわけではありません。一個一個のプランターを丁寧にそだてるのが豊作への近道。不本意なスタートは後々まで響いてくると思います。

プランターの土づくりを1週間前にやっておきましょう

そこで土の用意だけを一週間前倒しでやっておきましょうというのが今回のYouTubeです。何も一週間やり続けるわけではなくで一週間くらい前にやって寝かせておけばいいことなんです。しかもヨーグルト1個でできるし。

緩効性肥料をこのタイミングで投入するのも、効きがよくてとても良い結果がでています。最近の緩効性肥料って本当によくできていて有効期間も長いのですが、その分コーティングされていて溶け残りもちらほら目に付くときがあります。とっくに有効期間は過ぎているのでこれは本来溶けていなければならなかったと思われるものが残っている。水やりをしていても土に肥料を溶かす力が足りなかったのだと思います。

緩効性肥料をどうやったら無駄なく使えるかの試行錯誤でできたヨーグルトでの土づくり。土の力を引き出す助けになっていると思います。肥料にしても土にしても、本来の力を活用しないというのが一番もったいないです。それを引き出すのが目的です。

食べ物をこういうことに使うのは最初ちょっと抵抗がありましたが何しろ量がちょっと。それに育てるのは食べ物の野菜。続けているうちに良い結果がでたので人にも勧めたくなりました。見て頂ければわかると思いますが本当に使う量はちょっとです。ぜひやってみて下さいね!