【園芸手袋】日用品で楽しちゃおう!

肥料・園芸グッズ

ガーデニングは手が汚れる宿命

庭にあるプランターバッグやプラスチックプランターを利用した家庭菜園。隙間時間に水やりや植替えがすぐに出来るのが利点です。ただ一旦土を触るとどうしても手が汚れる。女性なら伸ばした爪に土が入るのも困ります。

私はいつも「この後食事の支度なのにー!キーッ!」ってなりながら歯ブラシで指先洗ってました。外出前に水やりだけと思っていてもうっかり草を抜いたりして手を洗い直す羽目なることもよくあります。手荒れしている時に何度も洗うのも嫌ですよね。

園芸手袋どうでしょう

ごく普通の園芸手袋

園芸手袋はいろいろな種類が発売されています。

だいたい500円以下。百均でも売っています。手のひら部分がゴム加工されていて滑り止めになっています。手の甲部分は加工がなく防水ではないのが一般的。木の枝を切ったりするには良いんだけど土汚れは泥とともに染み込んできます。結果として爪にドロが入ってきてしまいます。隙間時間にちょっとだけ作業したい時には向かないんです。滑り止めのゴム加工の匂いが手に移るのも私は気になりました。

使い慣れた日用品を!

コロナウイルスの流行とともに普及した使い捨て手袋。サティスナブルが主流の現代に逆行しますがこれはっきり言って家庭菜園にめちゃくちゃ便利。掃除や消毒だけに使うのもったいないです。もちろん!私は新品なんか使いませんよ、家で使って最後に家庭菜園で役に立ってもらいます。

ポリ手袋

シャカシャカした安い方ですよ。私はすぐに捨てるものだしこっちばっかり買ってました。安いし。パカパカなので手にはフィットしません。これのみで家庭菜園やるのは無謀。でも園芸手袋の下にはめるとめっちゃ良い!。防水になるしゴムの匂い移りも全くしないのです!写真で見るとサイズ的にどうよって感じですがポリ手袋は薄いので何の問題もなし。破れやすいけど園芸手袋の下なら全く傷みません。強度的には何回でも使用可能と思います。なので自己判断で交換しないと使い続けてしまう。捨てる時はプラごみとなります。

安いのが魅力のポリ手袋

プラスチック手袋

アルコール消毒に使うために購入するようになったプラスチック手袋。ポリ手袋より価格は上なんですがフィット感があります。左右がないのにしっかり手に馴染むから園芸手袋よりも細かい作業がしやすい。私はこれで園芸作業することが一番多いです。パンジービオラなどの花殻を取るときはプラスチック手袋じゃないとダメと思うくらいです。滑らないのでバケツやジョウロも持ちやすいし手は全く濡れない。一時期品薄でしたが値段も落ち着いて買いやすくなりました。うちの市は有料ゴミとなりますが他の自治体のゴミ区分はどうなんだろう。

ちょっとお高い方の手袋
ポリ手袋と重ねてもOK

プラスチック手袋って当たり外れがありますよね。時々とても破れやすいものに当たってしまうときがあります。そんな時私はポリ手袋と重ねて使っています。内緒ですが寒い雨の日に外出する時もウールの手袋の下にポリ手袋を重ねるときがあるくらい。

ポリ手袋もプラスチック手袋も捨てる前のもうひと働きです。けれど効果は絶大。手が汚れないってびっくりするほど後が楽です。私にとって家庭菜園の土汚れなんてもう過去の話になりました。ネイル塗ってたってへっちゃらです。

私のYouTubeでプラスチック手袋を付けた作業が映り込んでいたようでいろんな方に聞かれ、一時期私は使い捨て手袋の営業のように良さを語っていました。すべてにおいて言えますが、楽しようとするとちょっと罪悪感を感じたりしませんか。けどそれって違いますよね。楽できるなら楽してみよう!家庭菜園は楽しいのです。どんどん楽して楽しもう!