電動生ごみ処理機の購入前にやるべきこと

コンポスト/

ゴミ処理が追い付かない自治体

生ごみ処理やコンポストに興味を持って少し調べると電動生ごみ処理機に行き当たります。その名のとおり電気の力で生ごみを処理できる便利な機械。自治体によっては電動生ごみ処理機の購入に補助金を出しているところもあります。ゴミは少しでも減らしたい。各家庭で生ごみは土に返して欲しいという自治体の本音、ごもっともだと思うし市民として協力できるならやってみたい。ただ安易に始めても続かなくてはその電動生ごみ処理機が大きなゴミになってしまいます。電動生ごみ処理機のメリットやデメリットを整理してみました。

電動生ごみ処理機のメリット

自治体から助成金がもらえる

まずは住んでいる自治体のHPをチェックしてみて下さい。自治体によりますがかなりの額を購入補助金として還付してくれます。ただルールが細かい。すべての電動生ごみ処理機にお金がもらえるわけではありません。機種はそれぞれに決まっており、事前に申請したり購入店舗が限られていたりします。くれぐれも先に購入しないように!

ペットのフンも処理できる機種がある

これすごくないですか?ウチにはペットがいませんがこの点だけで導入を決めた方が多いそうです。ただ調べたところ、現在これが可能なのは数機種だけ。メジャーな家電メーカーからは出ていません。メジャーなメーカーなら良いというわけでもありませんが、大きなメリットがあると思える技術に参入メーカーが少ないのはちょっと気になります。これから同様の機種が出てくるかどうか注目です。

生ごみを溜めなくていい

生ごみが無くなる。冬はピンときませんが夏は本当に助かります。マンションの場合日中留守にして帰ってきたら生ごみのニオイにがっくりってあるはずです。どこからかコバエも飛びます。生ごみさえなかったらコバエは来ません。腐るものがなければ家のゴミも減り、ゴミ出し回数も少なくて済むはずです。

電動生ごみ処理機のデメリット

本体が高価だし電気代もかかる

イニシャルコストもランニングコストも高い。金銭面では良いことなしです。

ます電動生ごみ処理機そのものが高価です。処理方法には「乾燥式」と「バイオ式」、また両者組み合わせたものがあるのですが上級機種は10万円を超えます。だから自治体から補助金が出るのです。乾燥式なら3万円前後からありますがこれは日々の電気代が高い。家電を購入する場合は最初の値段だけを考えずに必ずランニングコスト、使用に伴う費用も併せて考えなくてはいけません。

毎日の生ごみを処理させるなら24時間スイッチを入れた状態になります。生ごみ処理機の電気代は使用時間ではなく処理する生ごみの量でかかります。大雑把ですが月1000円というのが標準。これって市の有料ゴミ袋買った方が安いですよね。この電気代を抑えるために生ごみをみじん切りにする、空気に晒して水気を飛ばすなどの小技もあるらしいのですがこうなると手軽さはゼロです。電動生ごみ処理機導入において、最初に補助金をもらったとしてもその後も費用かけて使い続けるかどうかを検討しましょう。

置き場所が必要

生ごみ処理機で画像検索してみて下さい。大きさのイメージがつかめると思います。パン焼き機やシュレッダーのようにたくさんのメーカーが参入すると、家電は切磋琢磨されてどんどんコンパクトなデザインが登場します。生ごみ処理機ではまだ数が少なく、かなり場所をとるものが多い。また乾燥式は屋内設置、バイオ式や二種混合式は屋外設置が必要になり、空いてる場所ならどこでも置けるものではないようです。場所とコンセントの確保はできているでしょうか。そうです、忘れてはいけないのはコンセントです。バルコニーに設置を検討されている場合、電源が確保できることを確認して下さい。

ニオイと熱

生ごみの腐敗臭と決別するための電動生ごみ処理機なのですが、実はやっぱりちょっとニオイが出ます。バイオ式が屋外設置なのはそのためです。処理が終われば消える一過性のものですが、それを我慢できるかどうかは考えておくべきでしょう。乾燥式は屋内設置なので台所に置くのが普通かと思いますが意外と熱を持ちます。食べ物を保管する場所から離して設置したほうがいいと思います。

騒音

使った方にお話を伺いました。騒音というか処理音が気になって使用を断念されたケースです。マンションで使用されていましたが、「ブーン」という音が昼も夜も常にしているのが気になりだすと我慢できなかったそうです。実際に見せて頂いて私もその気持ちがわかりました。大きな音ではありませんが何をしていてもこの音があるのはキツイ。ただこれは機種によります。この処理機も機能には満足しておられたそうです。

助成金に飛びつく前に

何事も助成金が貰えるとなると「買わなきゃ損!」って気になります。その気持ちよく解ります。ですが一度落ち着いて、そもそも自治体はなぜ助成金を出してまで購入させたいのかを整理してみましょう。自治体のメリットと自分のメリットを混同しないように。10万円のものが4万円で買えるとなると6万円得したと思いがちです。けれど 「買わなきゃ損!」 の精神でで必要のないものを購入していたら4万円の無駄。それが電動生ごみ処理機ならきっと処分にもお金がかかります。

電動生ごみ処理機は自分のニーズに合えばとても便利な商品です。でも助成金がなくても欲しいものだったでしょうか。助成金があろうがなかろうが買うつもりだったのなら購入は大賛成!きっと購入後も活用されることと思います。もし助成金があるなら買ってみようかと思ったなら、また助成金から電動生ごみ処理機というものを知ったなら、まずはいろいろ検索して自分にとってのメリットデメリットを検討してみて下さい。それから購入しても遅くはないはずです。