素晴らしき『リーフレタス』

レタス/家庭菜園/葉物野菜

レタスの品種選び

レタスは非結球がおススメ でも書いたように、家庭菜園のレタスは非結球が主流。チシャ菜のようにかき採りが出来ることと、虫を見つけやすいことが理由ででしょうか。私もレタスは非結球一択です。

非結球品種の食感はパリパリ系とサラダ菜のしっとり系があり、私はややしっとり寄りが好み。
パリパリ系は生ですぐに食べる時は食感も良く美味しいのですが、盛り付けに使ったり温かい他の料理と合わせると水っぽくなってパリパリ感がなくなるのが気に入らない。私は料理が好きなので、味だけではなく調理する上での使い勝手や温度による食感も重視します。

理想のレタスを求めて海外品種まで手を出し色々育てた結果、現在非結球レタスの原点リーフレタスに戻ってきました。
やっぱり長年愛されてる品種ってそれなりの理由がある、やっぱりお前だ古女房…
リーフレタスが皆の目にとまるようホームセンターの種売り場で種を目立つところに勝手に置き直したりしていましたが、今回リーフレタスの素晴らしさをここでまとめてみたいと思います。

種が入手しやすい

ホームセンターには定番として置いてありますし、ネットショップで検索しても多数ヒットします。

私が購入しているリーフレタスの種はサカタのタネの『リーフレタスグリーン』と『リーフレタスレッド』。別にサカタのタネでなくてもリーフレタスとして各社から種が出ていますが、カテゴリ分けがちょっとあやふやな気がします。これ違うんじゃない?っていうのもあるので注意して下さい。この種袋の写真のレタスならOKです。

私は種から育てる派。

育ったレタスが下の写真です。

リーフレタスレッドでも春まきは生長期の気温が高いのでそんなに赤くなりません。

播種期は関西地方で1~3月と8~9月。この短さが今まで避けてきた原因だったのですが、レジ袋を利用した簡易温室(レジ袋でビニールハウス)を利用すれば冬期でも真冬以外は栽培は可能。種を屋内で少し発根するまで適温で水に浸しておけば融通がききます。

土を選ばず乾燥気味の方が良く育ち、株元の通気は必須。これがプランターバッグで相性よく育つ理由でしょう。

葉の生長スピードが速く、収穫量が数倍

まずはこの写真を見て下さい。

このリーフレタスには巻きが4つあります。
ということは4箇所から葉が増えていくということで、中心部に巻きが1つのレタスより葉が増えるのが断然早い!
これ複数株をまとめて植えているわけではありません。

この写真でわかるようにもとは一株。
リーフレタスの一株は数個の巻きの集合体なのです。
一株で巻きの株だけ葉が増えるので収穫量が群を抜いて多く、収穫と収穫の間の期間が短いのです。

これはかき採りで収穫するレタスにおいて大きなセールスポイント!
サカタのタネの販売促進担当者さんにも是非強調して頂きたいところです。

かき採りに最適な葉の形

リーフレタスの葉はこんな形。
葉の根元が細くなっています。そうでないと先程の株分かれしている写真はとても撮れません。
葉と株の接点が細いので収穫しやすく、株が傷む原因の茎の取り残しがないのです。

そして株元に意外と空間があることから加湿にならず、虫もつきにくいのです。
これは無農薬野菜に挑戦している家庭菜園愛好家にはポイントが高いのではないでしょうか。
レタスのアブラムシとナメクジに悩んでいる人は、まず品種から選び直すのも早道です。

レタスはバトンタッチ栽培で周年収穫を目指そう

レタスは品種の幅が広く、家庭菜園であっても一番周年栽培しやすい野菜だと思います。

そして一品種を長期間栽培するのも良いのですが、数品種をバトンタッチさせて栽培するほうがずっと簡単。ロメインレタスや炒チャオなら夏でも栽培可能。品種ごとの特性を利用すれば、レタス栽培の失敗も防げます。

生長が早く、収穫量が多いリーフレタスもレタスのバトンタッチ栽培(勝手に作った造語だけどニュアンス伝われ!)のリストに加えておくと、一年中切れ目なくレタスが食卓に上がるはずです。
そして多品種を育てることにより、自分好みのおいしい品種もわかるようになります。

栽培難易度の低いレタス。品種を選びながら周年栽培に挑戦してみましょう!