「比べて」判断!野菜苗の選び方

家庭菜園/苗・種

野菜苗が成否を決める

野菜の苗はじっくり選んで出来の良いものを買いましょう。野菜は生長期間が短いものが多い。苗の時点で躓いてしまうと挽回できないまま収穫時期がきてしまいます。苗の出来不出来が成功を左右するのです。葉物野菜なんて良い苗が手に入ったらあとは水だけできれいに育ったりします。プロも「納得いかない苗になったら修正するより種をまき直した方が早い」と皆さんおっしゃってます。賢く野菜苗を選んでいきましょう!

園芸店で比べてみよう

良い苗とはどんな苗でしょう。徒長してないとか葉が黄化してないとか判断基準はいろいろあります。でも一つの苗を「それのみ」で見ているとなかなか分かりにくいものです。お店で売り場にある苗を比べ、良い苗を残していくのが一番選びやすい。園芸店ではトレイに乗せた苗入荷しそのままトレイで管理します。ばらしてあちこちに置くと撤収時に面倒だからでしょうね。そのトレイの野菜苗で良いものを買いたい。どう選ぶかを具体的に解説します。トレイから出して並べてあっても入荷が同じものはまとめて陳列されています。

苗は商品搬入日がベスト

苗はベストの状態で園芸店に入荷されます。トレイにぎっしり並んでワゴンから下された苗。同じトレイの苗は同じ状態です。日本の種苗会社の優秀ですし工業製品のような厳しい検品も受けています。入荷時はとても良い状態でどの苗を選んでもよく育つと思います。この時点で苗購入出来れば文句なし!私は品出しのタイミングに出会えたら買う予定のなかった苗もつい買ってしまいます。

入荷直後の苗はトレイのどれを取っても同じなのですが、その後の園芸店での販売中に良し悪しが出てしまいます。なぜなら売り場は日差しが約束されている訳ではありません。店員さんもじっくり水やりする暇はないと思います。多くの人の手に触れ、後から来た苗に場所を譲り、苗はどんどん傷んでいきます。まずは入荷して間もない苗を買う努力をすること。目当ての苗があるのなら店員さんに入荷時期を教えてもらうのも良い方法です。

まず除外すべき野菜苗

そうは言っても園芸店に日参してはいられません。園芸店に行けた時にどうすればいいのか。まずはトレイにある野菜苗から悪い苗を除外していきましょう。

見るからに…

折れたり枯れたりしているもの。当たり前ですね。

下葉が黄化しているもの

下の葉が黄色っぽくなっている苗もやめておきましょう。一度水切れになって栄養が行き渡らなかった苗がこうなるります。見た目元気でも一度ダメージを受けているということ。やめておきましょう。

並べて比較してみよう

さて、ここから残った苗を比較して選んでいきましょう。

背の高さ

背が高い方育ってていいんじゃない?私も最初はそう思いました。でもそうではありません。同じトレイなら同じ状態で入荷しているのです。野菜苗が店頭でそんなに差がつくほど生長するものではありません。背が高いものは徒長してしまっているのです。徒長とは言わば植物の間延び。日照条件が悪いために茎の節と節の間隔が開いてしまったもの。一旦徒長するともう元には戻りません。

一見「大きくなってるわー❤」となりがちですがそれは徒長。試しに葉の数を数えると他の苗と変わらないと思います。これは絶対除外しましょう。

茎の太さ

茎が太い苗、グラグラしていない苗が良い野菜苗です。トレイに残った苗から茎の太い順に選んでいきましょう。茎の太い苗でできるだけ緑が濃いもの。葉色は野菜によって違いがありますが、同じ野菜、同じトレイから選ぶ時場合はその中で色の濃い、鮮やかなものを選んで下さい。

悩みだすときりがない苗選び。ダメな苗を外す→背が高いの外す→そこから選ぶ、この基本の3stepがあれば早くなります。漠然と選んでいるといつまでたっても決められません。

比較するほど数がなかったら

タイミングを逃し、トレイに3分の1くらいしか苗が残ってない場合があります。入荷すぐならきっと良い苗があると思いますが、どうもみんなが選んだ後のイマイチな苗が残っている様子。そこから基本の3stepで選べなくはありませんが、先に述べたように野菜苗のつまずきは収穫まで響きます。

そんな時私は購入を見送ります。果樹の苗や希少な鉢花ならともかく、一般的な野菜苗はシーズン中に何度も入荷するはず。納得いかない苗を買ってしまうとなぜかその後も愛着が湧かなかったりします。納得のいく苗を選べたら、あとは豊作まで一直線です!