桜🌸が散ったらジャガイモの芽かき

ジャガイモ/家庭菜園/根物野菜

春ジャガイモやってますか!
超簡単なジャガイモの袋栽培、中でも春栽培は失敗のリスクが地を這うように低い。そんな春ジャガ袋栽培の数少ない作業が芽かき。これは端折ってはいけません。

とはいえどんなにチンタラやっても一袋3分もあればできること。短時間で済んでしまうので却って忘れがちなので私は桜が散った頃にやることとして覚えています。我が家近辺の桜も散ったので芽かきをやりましょう。

4月の袋栽培ジャガイモはこんな感じ

袋栽培ジャガイモは何個かありますが平均はこのくらい。
日当たりの良い悪いで生長差があるので気になるなら場所を入れ替えてもいいですね。増し土の前だから今の方が袋が軽いはずです。

今回は種イモを丸ごと埋めているので芽の数が多い。これは5本ですが8本くらい出ているものもありました。
これをそのまま放置すれば小さいジャガイモが無数に出来てしまいます。早速茎を間引きましょう。
小さなジャガイモはえぐみが出る場合が多いですしね。

ちなみに私が袋栽培に使っている写真のプランターバッグは3L、容量は28L以上あります。茎は2本残しで大きなジャガイモが採れています。

これくらい大きかったら満足。品種にもよりますけど。

より大きくを狙って1本残しでも良いのですが、何かの拍子でその一本が折れたらもうそこでお終いになってしまいます。私は保険をかける意味で2本残しをおススメします。

種イモとの接点から取り除く

要するに茎を減らせばいいのですが、茎の途中から折るわけではありません。
茎と種イモとの接点で切り離して下さい。茎からもう伸び始めている根っこごと取り除きます。

茎の途中で切ってしまうとそこから雑菌が入り込むこともあるそうです。

茎の根元をもって捩じるが揺らすかするとスッポリきれいに取れるので、むしろ茎の途中から切るよりも種イモの接点から取る方が楽です。太い茎2本を残して抜いていきましょう。

茎の固定に少量の増し土

スッキリしてプランターバッグ中に余裕ができました。
太い茎2本を残すと言いましたが、茎を減らせば栄養分が集中します。間違って細い茎を残してしまっても問題ありません。

プランターバッグの中に余裕が出来たため、なんか茎がぐらつくように感じるかもしれません。
そんなときは少し増し土しておくとしっかりと茎が固定されます。
この時に葉っぱが埋まってしまいますが、増し土とはそういうものなので気にせず埋めてしまいましょう。本格的な増し土はもうちょっと先ですが、こうしておくと少々雑な水やりをしても安心ですね。

ここまでは順調!大きなジャガイモがそだちますように!