抜いちゃダメ!手早くキレイな雑草処理のコツ

その他

見ると抜きたくなる。わかる。

きれいに土を耕して種まきしたり苗を定植したりしても雑草は生えてきます。
私は最初「堆肥や土の再生方法のやり方が悪いのか」と思ったりしましたが、全く関係ない庭の通路にもガンガン生えてきます。
風や鳥がいくらでも種を運んでくるのでこれはもう不可避なんですね。

雑草を見るとついピッと引っ張って抜きたくなります。私もそうです。
ただ、時と場合によってはそれは野菜に致命的な一撃を与えかねません。
ピッと抜く癖、危険。野菜苗が小さな時は特にです。

直根性のニンジン

私が一番失敗したのがニンジン。
発芽は難しいけどここさえクリアすればあとは楽勝!のはずのニンジンでやらかし続けました。

やっと発芽したニンジンの横に雑草が

直根性のニンジンは移植してもちゃんと育たないというのは過去に何度も実験して納得していました。
でも付近の雑草はつい抜いてしまっていたんです。

地中でニンジン苗に起こること

本葉が出た時点でニンジンはもう30cmくらい真下に根を伸ばしています。
大きく横に広がった根を持つ雑草をピッと抜くことで、地中のニンジンの根もつられて動くのですね。
雑草は小さくても目に見えないような細かい根を予想以上に広げているのです。
そしてニンジン苗の根はとてもデリケート。
上は葉があるのに抜くと実がないニンジンになってしまいます。
あんなに苦労して発芽させたのに!

こんなときどうする!

文具バサミって結局一番使いやすいよ!

こんな時は、雑草を地中で切って下さい。地上ではなく地面の下で、です。

やり方は簡単。
ハサミ(文房具のハサミで十分)を雑草の根元に突っ込んで、イラストの黄丸の部分を適当にジョキジョキやって下さい。
そして切れた雑草を取り除いてしまう。雑草の根はそのままで根っこ以外を取り去ってしまうのです。
上手くカットすることが出来ればこれで根も枯れてしまいます。
土が持ち上がらないので周囲を汚すこともありません

手ごわい球根性の雑草

最近、ムラサキカタバミなどの球根性の雑草が増えた気しませんか?
私も雑草化したオキザリスに手を焼いています。花苗を買うと土に紛れてついてくることが多い。
定植時に気を付けてはいるのですが取り切れません。

球根性の雑草の生命力はすごい!

この手の雑草は抜いても球根が残ります。
球根は細かい根をたくさん出してがっちり土に食い込んでおり、抜いても分裂して取り切れないのです。

地中で離れた仲間とつながっている

また一本だけ抜いたつもりが土の中で根がつながっていて、他の雑草もつられて一気に持ち上がってしまうことがあります。
そうすると土が予想外に掘り起こされ、大事な野菜苗の根っこが浮き上がってしまう。
これもよくある失敗ですよね。

勢いを落としておこう

球根近辺をジョキジョキしよう!

球根性の雑草であっても土にハサミを突っ込んでジョキジョキやり、球根を根っこ以外を取り除けておきましょう。
球根は残るのでこれで枯れることはなくとも草の勢いは落ち、広がることは阻止できます。
野菜の撤収時に土を崩して丸ごと球根を取り除けば根絶できます。

土が乾いている時に

この方法は土が乾いている時、水やり前にやってしまいましょう。
ハサミも汚れないし、水分がつかなければ錆びることもありません。

とにかくハサミを土に突っ込んでジョキジョキ!そして切れた雑草を取り去る。

慣れれば抜くよりずっと早く作業できます。
そして周囲が全く汚れないのです!

これから始まる園芸シーズン。種をまいたり苗を定植することが増えると思います。
小さな野菜苗は雑草に囲まれると負けてしまう。栄養と水分を取られてしまいます。
とにかく楽で早くて汚れない!ハサミを突っ込んでジョキジョキして下さいね!