プランターバッグでエンドウマメのMAXを狙え

マメ類/実物野菜/家庭菜園
グロ子
グロ子

私はプランター栽培で面積当たりの収穫量をどこまで増やすことが出来るかに挑戦しています。そしてエンドウマメに関してはその極意を極めた気がしているのです!プランターバッグでない人にも参考になるはずです!

一粒でも多く実らせたいという欲と野望
Instagramではそんなこと言えない

プランターバッグのサイズについて

プランターバッグ3L

1個でたくさん収穫できるのはやはりプランターバッグ3Lです。
直径30cmの一番大きいサイズなのでこの1個で1㎏以上のエンドウマメが収穫できます。
28L以上の土が入りますがそんなに入れる必要は全くなくて、約6分目から7分目くらいで充分です。深さも40cmあるので支柱もしっかり刺さって動きません。
エンドウマメは必ず支柱が必要となりますし収穫前は重心が高い位置になります。支柱は底までしっかり刺しましょう。

プランターバッグは茶筒のような円筒形なので考えている以上に土が必要となります。
ただ3Lは土の量が多いだけあって水やりがMやLより楽。回数も少なくて済みます。
頻繁に移動させるわけでもないなら、正直なところプランターバッグLを2個育てるよりこっち1個の方が手間は少なくて済みます。

プランターバッグL

そう言いながら、私はプランターバッグLを使うことが多い。
理由は庭が狭いので秋に種まきしてから実が付き始めるまでの期間に頻繁に場所を変えるからです。Lが1個でエンドウマメ500gくらい収穫できます。
直径20cmで深さは30cmなので土は9分目くらい入れて下さい。これは土の量の問題ではなくて支柱をしっかり固定させるためです。生地がメッシュで硬いのでで6分目くらいの土でも支柱は立ちますが、実が付いて重心の高さが上がるとひっくり返ってしまいます。
後から土を足すのは意外と面倒なのでしっかり土を入れてから種まきや定植をしています。

プランターバッグM

プランターバッグMを使う場合土の量的は十分なので、実が付いて重心が上がってから支柱ごと倒れないよう注意して下さい。

なぜ重心が上がるのかと言えば「密集植え」だから

私のプランターバッグのエンドウマメがなぜ収穫前に支柱の心配をするほど重心が上がるのか。

密集植えすることにより面積当たり最大の収穫量を目指しているからです!

MやLなら8~10株、3Lなら20株くらい育てます。
これでちゃんとした豆が実らないなら植え過ぎですが、ちゃんと充実したお豆が収穫できているんだからそんなことは言わせない。上を目指さなくてどうするって話です。密集植えで行きましょう。

これは支柱はちゃんと立っているのに強風でツルが絡まり斜めってしまったパターン。
密集植えにはこういうことも起こりうるのですが、面積当たり収穫量は飛びぬけますので気にせずいきましょう。こんなになってもこの後お豆はパンパンに太ってちゃんとたくさん収穫できるから大丈夫です。

もともと軽いが売りのプランターバッグなので密集植えにするとそりゃ重心が上がるわなーと自分でも思います。なので別に2株植えときゃその心配もないんですがそれでは普通。
ここは敢えて重心を狂わせてでも密集植えでいきたいと思います。

エンドウマメの発芽は意外と難しい。8カ所に2粒まきしたら種は16粒必要です。
発芽させて間引くのもったいない。節約心あふるる私はこの頃ちゃんと苗作りしています。やっぱり種の無駄がグッとへります。エンドウマメの種結構高いですよね。

節約したいと思いつつも面倒は嫌なので種を小分けするチャック袋を使った適当極まれりの苗作りです(省スペースで種まきするには)。

私は苗の生長加減を揃えて植えています。
この写真は定植の途中です。プランターバッグLには中心に2株、周囲に6株植えています。増やす時は周囲に8株植えるかな。

これは自己満足の問題なので好きなように適当に間隔取れば良いと思います。
途中で枯れる株があっても収穫期がズレるので追加植えはしません。
密集植えの中の一株だけのために撤収できないのは時間とスペースにロスが出ます。

花が咲き始めたら液肥をやろう

この写真、プランターバッグ3Lに植えているように見えますが植えているのはプランターバッグLです。
3Lの置き場に困ってカバーみたいに重ねているだけです。紛らわしくてすみません。

今回から固形肥料を使わず極力日に当てて育てています。この時点ではまだ全く肥料はゼロ。液肥も使ってません。マメは早めに肥料をやると葉っぱばっかりになって実が減ってしまいます。

赤花砂糖エンドウの花がチラホラ花が咲き始めました。このあたりから赤花砂糖エンドウに液肥をやり始めて、ついでに他のエンドウにも液肥をやりました。

エンドウマメは下から順番に実が付くので、蕾が上がってきてからの液肥で充分でした。

赤花砂糖エンドウは取り遅れても豆が硬くならないので家庭菜園向きです。食べるのが追い付かないくらい採れます。

そういえば場所に困って何気なくプランターバッグLに空のプランターバッグ3Lを重ねて置いていたのですが、今回ナメクジの被害がほとんどありませんでした。

この場所は花の真横でナメクジ出没地帯なのですがこんなことでナメクジを防げるとは思わなかった。ナメクジに狙われやすいレタスなどにも応用したいと思います。
プランターバッグでなくてダンボールとかでは効果ないのかな…

収穫です。

このエンドウマメは南海緑。マメが甘くて柔らかなのですが残念ながら莢が短い。
でも莢の短さは多収でカバーしてくれます。
プランターバッグL2個で1300gの収穫がありました。途中で採ったりしているので実際はもっとです。

莢が長いエンドウマメを探しみたで紹介した品種で、よりコストパフォーマンスを追求した栽培するのもいいと思います。莢が長くておいしい実がいっぱいできる品種です。今回私は種が入手できませんでしたが、来年は何としてでも種を手に入れて育てようと思います。