パンジービオラ苗の購入時期考察

パンジービオラ/

パンジービオラの苗を買ってみよう!

10月からホームセンターに出回るパンジービオラ。普段は野菜中心の家庭菜園派の方も興味を持っておられるのではないでしょうか。パンジービオラは花のバリエーションも多くガーデニングデザイナーにも人気があります。素人には種まきがちょっと難しいのに苗の値段は手頃というのもポイントが高い。そして嬉しいことに苗をちゃんと選べばほぼ失敗しないのです。ではどのような苗を選ぶべきなのでしょう。ホームセンター2か所の仕入れ状況をチェックし続けた力作です。ぜひ以下を参考にして下さい。

普及種苗(200円以下)

10月

10月に購入すべきはこれしかないと思います。入荷直後で状態最高です。そしてパンジービオラと一括りにしていますが、できればビオラ、花が小さい寄りが育てやすいです。株を見分けるため種苗会社は花をさかせて出荷しているはずです。確認して購入してください。普及種はパンジーもビオラも強いのですが、今まで栽培していての実感は花の小さいビオラの方が気温の変化に強い。最近の10月はまだまだ高温ですがちゃんと液肥をやって管理すれば、そのままずっと春まで花をさかせ続けることができます。

11月

普及種苗は引き続きオススメなのですが意外とホームセンターや園芸店への新規納入量が減ってきたりします。本格的なパンジービオラシーズンを迎えて単価の高い苗がどんどん増えてくるからでしょうか。ここで気をつけたいのが店舗で徒長したり傷んだりした苗を買ってしまうこと。大きく育った株に見えても単に徒長して間延びしているだけではないのか確認して下さい。またパンジービオラの健康な葉色は濃い緑です。株元の葉色が褪せてきていませんか?そこもチェックしてから購入しましょう。地植えにするなら11月に買うのがいいでしょう。本格的に寒くなる前に定植した方が根が落ち着くし、春も早くから蕾が展開します。

12月

そろそろ見切り価格になっているかと思われます。一気に買って惜しげなく地植えに使いたいところですが場所の条件はどうですか?あまり気温が下がる場所だと地植えの場合なかなか根が土に馴染みません。でも日当たりのよいところならOK!どーんと大人買いもいいかもしれません。状態は悪くないのに廃棄処分にされそうな苗を買い、ちゃんと花を咲かせることが出来た時の嬉しさは格別ですよね。

高級普及種苗(200円~500円)

10月

花にちょっとフリルが入っていたり変わった色だったりする苗がこの価格帯かと思われます。100円前後の苗ばかりもなんだしな…といくつかレジカゴに入れたくなると思いますがちょっとまってください。フリルや変わった色は種苗会社で丁寧に育てられた結果。まだ暑い10月に家に持ち帰っても続けて同レベルの花が上がらないことがあります。日の光にはよく当てつつもキツイ直射日光は禁物であり、何故か苗の値段が上がるにつれて葉の蒸れには弱かったりします。そこを考慮して管理できる数だけ、万が一ダメにしてしまっても諦めきれる数だけ買うことをおススメします。

11月

本格的なシーズンです。ブランド苗並みに目を惹く株がどんどん入荷され、値段もちょっとお安いものが増えてくる時期です。私はこの時に新しい形や色の花を買うことにしています。手をかければ豪華に育ち今から初夏まで楽しめます。去年まで手が出なかった品種も今年は安く大量に売られていることもあります。気候もいいので地植えにする場合は11月に購入するべきです。

12月

引き続きたくさん店頭に並んでいると思います。地植えにするには場所を選びますが日当たりがよければ問題ないでしょう。私は12月の選び放題の高級普及種苗で寄せ植えを作るのが恒例です。プレゼントに使う寄せ植えのクリスマスリースにもこの時期のパンジービオラを惜しげなく使っています。

高級ブランド苗(500円以上)

10月

10月の高級ブランド苗はまだやめた方が無難ではないでしょうか。パンジービオラは毎年たくさんの新作が出ます。見る人が見るとすぐにわかるのでガーデニング仲間に先立って購入したい気持ちはよく解ります。私もそうです。ただ高級ブランド苗はまだまだこれから!11月からが本番で人気のブランド苗は12月中旬から店頭に並ぶことも多いです。固定客が待ってでも買うから普及種のように我先に出荷せずとも売れるのかもしれません。枯らすリスクの多い高温の10月は高価な苗の購入適期とは言えません。

11月

ポツポツ高級ブランド苗が店頭に並び始めます。欲しいブランド苗はあらかじめ「〇〇園芸の△△はいつ入荷ですか?」と店員さんに確認しておきましょう。自分が欲しいものは他の人も欲しいはず。ガーデニング好きが集まるお店なら人気のブランド苗は入荷日に売り切れなんて珍しくありません。マメに園芸店をチェックしましょう。

12月

まだまだ高級ブランド苗が出てくると思います。お高い苗ほど後から出てくる気がするのは気のせいでしょうか?地植えより寄せ植え需要が多いからでしょうね。クリスマスやお正月の豪華な寄せ植え用として出荷されているのかもしれません。一年の締めくくりでちょっと散財、話のタネになるような珍しい形や色の花を買うのも楽しいと思います。