ナスの愉しみ

夏野菜といえば何を連想しますか?

夏に採れる野菜といえばナス、キュウリ、トマト、ピーマンと次々に思い浮かびますが、それは私が家庭菜園愛好家だから。

一年中スーパーで買えるキュウリ、トマト、ピーマンに夏を感じる人は少ないのではないでしょうか。

ビニールハウスと農家さんの努力が、一年中たくさんの野菜を運んでくれますが、ちょっぴり季節感がなくなってしまいました。

でも、ナスにはまだ夏野菜のイメージが残っている気がします。6月頃から野菜売り場で見かけるナス。夏から秋まで食卓を飾ってくれます。

日本のおナスたち

ナスは日本でも昔から食べられており、糠漬けや焼き茄子は夏の味。食欲の落ちる時期でも食べたくなるお味です。

家庭菜園をやるのなら、育てやすい野菜ばかりを育てるのではなく、食べたい野菜を育ててください。

小説に出てきた食事のレシピを探したり、映画のワンシーンで見かけた野菜の種を取り寄せたり。日々の生活で気になったけどすぐに忘れてしまうものが、実は自分の手でも創り上げることができる。

スーパーで簡単に手に入るものを育てても、買う方が早いな、と思うだけ。何回失敗してもいい、育てたい野菜を育てる方がずっとずっと楽しいのです。

ナスの種まき

夏の野菜と夏の果物

普通の日本のナスを育てるのなら、4月頃からホームセンターで苗を売っています。ただビニールハウスがあるならともかく、素人がこの時期から露地でナスを育てるのはとても無理。せめて5月に入ってから購入するのが無難です。

ナスは肥料切れを嫌うし、結構大きくなります。支柱を立てることが出来るように、プランターバッグLに苗を植えます。

種から育てようと思ったら、ナスは発芽も育苗期も低温に弱いので、苗になるまで屋内で育てた方が良いと思います。

屋内で4月に種まきして1ヵ月近く、徒長させないようにするのは結構な労力が必要です。日当たりの良い窓際を転々とするか、LEDライトを当てるか。手間がかかりますが、5月にしっかりした苗に育てることが出来れば、6月にはもう一番果が採れるはずです。

私は露地で、プランターバッグに直接種まきして発芽させるので、屋内発芽組よりも全てが約1ヵ月後にずれ込みます。種まきは5月の始め。すると収穫は7月に入ってからになりますが、まぁ楽をしているのでそれはしようがないでしょう。

ナスの育て方

日本のナスはプランターバッグLで育ててきましたが、海外の大きなナスはプランターバッグ3Lで育てた方が良いと思います。実が大きなナスは当然草姿も大きいです。

種は入手したものの、これはいったいどのくらいの大きさに育つのか見当もつかない時がよくあります。手っ取り早いのがネットの画像検索。どのサイズのプランターバッグに植えればいいか分からない時にはとても便利です。和名、英名、とにかく片っ端から検索すれば、必ず写真が見つかるので、是非利用してください。

今年育てたイタリアのフィレンツェ茄子はプランターバッグ3Lでちょうど。たくさんの実がつきました。これは種を下さった方が丁寧に教えてくれたので迷わず3Lに植えました。輪切りにして焼いて食べるのが美味しいナスです。

テントウムシダマシという、テントウムシに似た害虫がナスにはよく付きます。この虫が付くとあっという間に葉がレースのようにボロボロになってしまい、株が弱ってしまいます。

殺虫剤を使えば簡単に駆除できますが、私は手で駆除する派。機敏な虫ではないので結構なんとかなってます。卵を産み付けられいないか、水やりの時にチェックするのを忘れずに。

長ナスは曲がり気味

水やりといえばナスは肥料もですが水も大好きです。時々見かけるツヤのないナスは、水やりが不十分だった時にできます。農家さんは廃棄処分しておられますが、家庭菜園ではその必要はありません。お味もたいして変わらないです。

家庭菜園をやっているうちに、出来が悪い野菜をどうすれば美味しく食べることができるか?それを考えるようになります。新鮮な野菜ならそれなりに料理でカバーできます。自分で育てた野菜は捨てがたいものです。諦めない、妥協しない、自分が納得できるか?これは何事にも通じることなんでしょうね。