ジョーロのハスグチ詰まり対策

プランターバッグ/狭小家庭菜園/野菜栽培
 グロ子
グロ子

ちょっとこれマジですごくないですか?我ながら惚れ惚れ!このYouTubeは見ないと損だと思うわ~👀

蓮口だけ買い替えていませんでした?

この方法をなんでもっと早く気が付かなかったんだろう?私はずっとずっと蓮口だけ買い換えてましたよ。イギリス製のジョーロを使っている時は日本製の蓮口が合わないので、時間とお金のかかりっぷりにイライラしながら蓮口を取り寄せて買い替えていました。ほんと無駄だった!気が付いて良かった!

蓮口が詰まるとボタボタとした水流となり、このボタボタが種まき直後の苗にかかると根が浮き上がってダメになってしまう。プロのビニールハウスを見学させてもらったときに何がうらやましかったって霧のような水やり設備です。土に影響なく吸水させることができて葉水にもなり花も野菜もゴミ一つ土塊一つついていません。同じことは無理でも真似したいポイントです。ジョーロの蓮口ってとても大事なパーツなのです。

この方法で雨水を活用しよう!

YouTubeの中でも言ってますが最初はゴミが入らなきゃいいんでしょ?って思ったけどいざ使うと全く違います。液肥などを混ぜるときやゴミをキャッチする力が違う。私は雨水をためて庭の掃除に使ったりしますが、細かいゴミが浮いているのでジョーロでの水やりには絶対つかいません。というかこれやって蓮口を詰まらせてきました。でもいまは全く気にせず使って大丈夫!ガ―ッとバケツ雨水を汲んでジョーロに入れて使ってます。もちろんゴミが引っかかってたくさん取れます。この方法はそれが目視できるのもいいところです。

プラスチック製のジョーロ愛用者なら

割と安価な蓮口一体型のプラスチックのジョーロ、YouTubeではそんなジョーロにぜひ使って欲しいって言いましたが実はあのジョーロはあまりお勧めではありません。蓮口の問題ではなくて素材がプラスチックというところ。環境問題…ではなくて耐久性です。ジョーロは炎天下や雪の中外に置いたままにすることが多いと思いますが、プラスチックは意外とこの温度の高低差と紫外線に弱い。私の経験上ブリキよりも高価なジョーロであってもプラスチック製は老朽化が早くヒビが入りがちです。ブリキのジョーロは漏れるようになりますがプラスチック製は割れます。持った拍子にあっ!ってなりますのでびっくりしての怪我に注意。庭にはとっさに手をついたり転倒したりすると危険なものがいっぱいあります。ジョーロの中身も農薬だったらまたやっかいです。もったいないようですが、プラスチック製のジョーロなら早め早めの買い替えをお勧めします。