アジサイは有毒植物なのだ

その他

アジサイは落葉低木

アジサイは「木」です。
私はアジサイといえば戸建ての裏庭に植えてあるイメージ。
庭木なので放っておいたら大きくなり過ぎる。慌てて植木屋さんに来てもらったなんて言う話を何度か聞いた記憶があります。
アジサイには毒があるので念のため刈込は植木屋さんを頼む家が多かった。
そうです、アジサイには有毒植物なのです。
誤って葉や花を食べてしまうと痙攣や嘔吐、めまいなどの食中毒症状がでます。

そのせいか昔はアジサイは屋外で鑑賞するものという認識がありました。
花が大きく安定が悪いのもあってあまり切り花にもしなかった。
一旦切ってしまうと花色の変化が楽しめないというのもあります。
アジサイを盆栽にする通人もおられますが、あれも雨の日に楽しむものなのだそうです。

ですがここ数年で全く事情が変わってきました。

ヒット商品となった「室内用鉢植えアジサイ」

鉢植えアジサイは昔からあるものです。低木とはいえ地植えすると身長を超えるほど大きくなるアジサイを手軽に楽しむためです。
定期的にブームになるヤマアジサイも鉢植えで育てている人の方が多いのではないでしょうか。
でもこれらの鉢植えはあくまでも屋外で鑑賞するための鉢植えです。

ここ数年、母の日あたりから綺麗にラッピングされた室内管理を前提としたアジサイの鉢植えが出回るようになりました。
矮化処理がされており、草丈が短いのに大きな花がついて豪華で可愛い鉢植えです。
切り花感覚で楽しめるアジサイの鉢植え、大ヒットと聞きこれは当然だと思いました。

室内管理のアジサイの鉢植えはヒット商品として販路が広がり、ギフト商品として雑貨店で販売されることも増えました。
「お菓子と鉢植えアジサイのギフトセット」などという組み合わせ販売なども行われています。
このこと自体に何ら問題はありません。
ですが販売時にアジサイは有毒植物であるという注意喚起はなされているのでしょうか。
小さなお子さんや室内ペットがいるかもしれないご家庭への説明責任が考えられているのでしょうか。

実際に起きている食中毒

アジサイが有毒植物であるという情報が徹底しないがために起きた食中毒もあります。
料理店がアジサイの葉を盛り付けの装飾に使い、それを食べた人に嘔吐、吐き気、めまいなどの食中毒症状がでたと厚生労働省のサイトに記載さてています。

下の写真がアジサイの葉です。
厚みがあり、アジサイは虫による食害もないので(毒があるから)きれいで大きい。
確かにお皿に添えると料理が美味しく見えそうですが絶対にやってはダメ。

これは料理店が発端となった食中毒のため、ちゃんとした原因解明がなされています。
でも巷で起こる食中毒って原因がうやむやになってしまうことありませんか?
実際はアジサイの食中毒はもっとあるのではないでしょうか。

葉を間違えて起きた食中毒も

高齢者がアジサイの葉と紫蘇を間違って食べてしまったための食中毒の事例を聞きました。
全然違うやん!と思われますか?
アジサイと紫蘇は並んで植えられていたそうです。
これを高齢者だけの問題としてしまっては絶対にいけないと思います。
判断力が鈍る時は誰にでもあります。

上の写真の左が紫蘇、右がアジサイ。
私も時間に追われてあわてて晩ご飯を作っていたらこの間違いってやりかねないと思います。

不特定多数の人が来る場所に注意

せっかく飾ってあるアジサイに「これ毒があるよ!」と言うのは勇気が必要です。
そのことを理解して飾っておられる場合もあるでしょう。
でもその場所が不特定多数の人が飲食する可能性のある場所なら、花や葉を触った手をお口にもっていくような小さなお子さんが来る場所なら、やはりアジサイが有毒植物であることに言及しておくべきだと思います。

これから来る梅雨、夏は食中毒の季節と言っても過言ではありません。
腐敗による食中毒にはみんな神経を尖らせていますが、有毒植物の誤食については盲点ではないでしょうか。
起きてしまったら一秒でもはやく正確な原因特定が必要とされる食中毒。
アジサイの有毒性についての情報を是非共有したいと考えています。