『ペレット種子』を正しく知ろう

プランターバッグ/狭小家庭菜園/野菜栽培
グロ子
グロ子

加工種子ってすなわち薬品処理されたものという認識でした。ペレット種子は違うんですね!

ペレット加工とは?

ペレット加工とは種を天然素材の粘土で包んで大きくする加工。ペレット加工された種子をペレット種子といいます。種の外観を変えることにより摘まみやすく見つけやすくなり、播種機の使用も可能になります。この加工は種子そのものの機能には関係ありません。ペレット加工は種の使い勝手を良くする加工です。でも付加価値をつける加工なので種の選別時に優良なものが使用されています。選りすぐりの種なので自然と発芽率はかなり高くなります。粘土に包まれているので深く埋める必要もなく、土の表面にまいてたっぷり吸水させるのが発芽のコツです。

ペレットだからまきやすい!
粘土で丸めてあります
発芽はこんな感じ

種子への農薬処理とは無関係です

ペレット加工は種の使い勝手を変える加工で農薬処理とは全く別物です。種子によって農薬処理がされているものとそうでないものがあります。種子への滅菌処理や防腐処理を嫌う方はそこを確認した方が良いかもしれません。農薬処理されていない種子を選べば問題ないと思います。

農薬処理種をペレット加工
農薬処理なしの種をペレット加工

ペレット加工は種のユニバーサルデザインのようなもの

ペレット加工は種の種類によっていろいろな大きさがあります。加工会社に相談すれば好みの大きさに加工してもらうことも可能です。ちょっとしたことと思いがちですが摘まみやすい見えやすいというのは作業する側にいると大きな違いがあります。家庭菜園ではあまり使いませんが『シーダーテープ加工』というものがあり、これは溶けるテープに等間隔に種を固定してあるもの。そのまま畑の畝に埋めていきます。高齢であったり腰痛があったりするプロ農家さんにとても人気のある加工です。こういう加工は大歓迎ですし、ちょっと自分でも考えてみたくなりますね。でも種袋の裏には下記のような記述があります。やる時は自己責任でやりましょう。

シーダーテープ加工は腰痛の味方だそうです
大手種苗会社の種袋にはこの記述絶対あり