「ニラと水仙」の食中毒を考える

その他

毎年ニュースになる「ニラと水仙」

ニラと水仙を間違って食べる食中毒のローカルニュース、聞いたことないという方はいないと思います。
有毒植物を誤って食べる代表の「ニラと水仙」。
知識としてはみんな知っている食中毒なのに毎年起こる。
実物を比べてみようと思いました

ニラ

2束108円でした。
高知県産。おいしそう。

家庭菜園でニラを育てる気が失せる2束108円。
家で育てるとスジスジになりがちですが買ったニラはとても柔らかかったです。

水仙

水仙は一万種以上ある品種がありますがなんとほぼすべてが有毒。
葉はどれもまっすぐで特徴がなく良く似ていますが一番よく目につくのは日本水仙でしょうか。
これ河原や校庭、空き地なんかに咲いてますよね。
我が家にも植えた覚えもないのにちゃんとありました。

右が日本水仙の花。よく見かけます
我が家にもなぜかある。ワサワサ
水仙の葉

ニラと水仙、比べてみよう

そっくり!

考えていた以上にそっくり。驚きでした。
ニラは晩ご飯のお菜に使うつもりだったので怖くて束ねてあるゴム紐を取ることが出来ませんでした。
最初は見比べて相違点を見つけられたらと思っていたのですがとんでもないです。
頭で考えているのと実際目の前で並べてみるのでは全く違う。
私なら分かるのでは?と考えていたのはとんでもない思い上がりでした。

匂いでもわからない

「ニラと水仙」の食中毒、匂いで分るでしょう!と思われる方も多いと思います。
私も最初はそう思いました。
調べると食中毒は「ニラと水仙が混ざって収穫された」ことにより起こっています。

ニラは独特の匂いがキツイ野菜。上の写真を撮っている時点でもう全体的にニラの匂いがしています。
こうなると水仙の葉もニラの匂いがしているような気がします。
手にもニラの匂いがつくし鼻も効かなくなってきます。
結局全部がニラの匂いがするような気がして、混ざったニラと水仙を選り分けるのなんて絶対無理、不可能だと思いました。

花は短期間しか咲かない

ニラと水仙の花は全く違います。いくら何でも花が咲いていれば区別はつきます。
ただ花はいつも咲いているわけではありません。

ニラは探すとそこら中に自生しているし、結実して種が勝手に散らばります。
そして多年草なので株は勝手に増えて大きくなります。
植えっぱなしでどんどん増えるニラと水仙、他の植物との境界があいまいになっていてもいちいち気にする人はないと思います。

ニラと水仙は混ぜて摘んでしまいがちな条件が重なってしまっています。

家庭菜園愛好家がこの食中毒を防ごう

家庭菜園をやる人ではあまり見かけませんが、野原に自生しているニラ、いわゆる「野良ニラ」を抜いて食用にしたり家で増やそうとする方がおられます。
アウトドアやキャンプ飯などの流行に乗ってでしょうが自己判断は本当に危険です。
「野良ニラ」はあくまで自生、ニラだけが固まって生えているわけではありません。
野草を食用にする時は知識のあるリーダー指導の下以外はやってはいけません。
子どもが真似をしたら取り返しのつかないことになるかもしれません。

家庭菜園愛好家なら他人事ではないと思える部分がありました。
ニュースを読むと「多くの食中毒は野菜を育てる高齢者の家庭で起きている」という部分です。
おそらく知識があっても判断力が鈍って起きてしまうのでしょう。
夕方で薄暗かったり雨だったりしたら若い者でも区別はつきません。

人間誰でも年を取って判断力が落ちていきます。
私もそうなる。だから今からニラは栽培しないことにしています。
逆もありです。ニラを栽培したいなら水仙を近辺から徹底的に排除するのが必須。
そしてこれを周囲の家庭菜園仲間に呼びかけていきましょう。
そして自作のニラは人に上げない、貰わないも心苦しいけど常識にしていこうではありませんか。

家庭菜園をやっている私たちだからできることってあると思います。
まずは自分で気を付ける。
それからちょっと他人にもお節介する。
これが遠回りでもニラと水仙の食中毒を減らすことに繋がるはずです。
私も勇気を出してお節介していこうと思います。