台風や豪雨時のコンポスト対策

コンポスト/プランターバッグ
グロ子
グロ子

数時間以上の大雨。冬なら雨除けゴミ袋でいいけど夏は発酵熱がこもって確実に腐敗しちゃう。夏と冬は対応を分けよう!

問題は夏!

家庭でやる生ごみコンポストの場合、日々の台所ごみを足しながら土を混ぜて水分量を調整します。そんな配慮をぶち壊しにするのが夏の大雨。でも夏の大雨、ゲリラ豪雨はここ15年くらいどんどんひどくなっています。昔ながらの通り雨のような夕立とはわけが違います。その時コンポストはどうすればいいのか、ちゃんと考えておきましょう。

プランターバッグでやる蓋なしコンポスト。雨がかかっても冬ならあまり問題にはなりません。もちろん温度が下がって発酵は止まりますが腐敗することがないからです。水分が飛んだら発酵促進剤を加えればいいし、そもそも雨よけゴミ袋を被せておくこともできます。でも夏にうっかりコンポストに雨除けゴミ袋を被せると大変なことになってしまいます。コンポストそのものが発酵して高温なのであっという間に蒸れて腐り始めてしまいます。短時間の通り雨ならともかく、降りやんだあとも湿度が上がって高温が続く夏の大雨には雨除けゴミ袋は禁物だと思います。ダンボールコンポストの人に話を聞くと、ダンボールコンポストは雨がかからないが大前提なので近年の横殴りの大雨にはもうお手上げとのこと。ビニール被せても雨がかかっても高温で蒸れてダンボールが弱って穴が開くそうです。ここはお互い知恵を出し合って解決策を見つけたいところです。

そのコンポストは一旦終了にしよう!

雨がかかってしまってすっかり重くなってしまったコンポストはもうそこでいったん終了。YouTubeで説明したように水分を飛ばすか土を被せて時間を置くかの二択です。もうそこに新しい生ごみを足さないで下さい。腐敗に傾いたときに収拾がつかなくなります。腐敗したとしても夏なので分解は早い。新しい燃料さえ足さなければ腐敗し続けることはなく、最終的に土にもどります。変に手を加えると腐敗が長引きます。そのコンポストが発酵のどの段階であったかにかかわらず一旦やめて、別のプランターバッグで新たにコンポストを始めて下さい。

腐敗させてしまったコンポスト、とにかく分解が終わるまで我慢です。日々ちゃんと土と生ごみを混ぜながら加えていっているなら、混ぜない限り匂いもしないはずです。もう一滴も水分がかからないこと、できればカラカラに乾いた土を加えて水分を飛ばすこと。腐敗させても完全に分解すると匂いもなくなり土に戻ります。私はその土を日光や風に晒したり木酢液をかけたりし、少しずつ他の土と混ぜて使ったりしましたが別に問題はありませんでした。ただその時のプランターバッグはたわしで洗って日に干しました。庭に埋めるなどの手段がとれなくても時間が解決策となってくれます。思ったよりも簡単に後始末できました。

家の生ごみを全部コンポストに入れていると、コンポストをやめた時のゴミの多さにに愕然とします。ゴミの削減になり、家庭菜園の堆肥コストをゼロにしてくれる生ごみコンポスト。失敗も想定内として続けていきたいし、続けてくれる人が増えて欲しいと思います。