レタスは非結球がオススメ

レタス/家庭菜園

レタスの品種選び

レタスというと玉状に結球したものを連想しがちですが、家庭菜園では非結球レタスの方が主流になってきています。非結球の方が害虫も見つけやすく、食べる量だけ外葉から採ることで長く収穫できます。種売り場で多くの非結球種が売られています。また食感も2種類あります。パリパリ系は水分を多く含んだ一般的なレタス。しっとり系は所謂サラダ菜で盛り付けにも便利な緑色の濃いレタスです。これは好みもあるでしょうが、私は必ず非結球のパリパリ系としっとり系の2種類を植えるようにしています。

レタスの種まき

葉物野菜なのでプランターバッグのMかLで育てます。育て方はプランターバッグの表面一面に種をばらまいて密集植えとし、ベビーリーフくらいの大きさから収穫する方法。5株植え、3株植えから株を減らして最終的に1株植えにして大きく育てる方法。最初からの1株植え。自由自在だと思います。強い野菜なので真夏と真冬以外は気を使わなくても発芽率は高いのですが、難点といえば種がとても軽くまき難いです。種袋には播種期がいろいろ書いてはありますが、レタスは工夫次第で周年栽培できる野菜だと思います。

レタス栽培のコツ

発芽さえさせればあとは勝手に育ちますが、ナメクジに狙われやすいのでプランターバッグの置き場所には気をつけて下さい。湿った草の上やプラスチックプランターに密着させて置いておくとナメクジが這いあがって来るので注意です。

アブラムシ被害もよく見られます。初期に丁寧に水やりすれば取れるのであえて農薬などを使うまでもないと思います。牛乳をかければ良いとよく言われますが、私はこの方法をオススメしていません。やったことがある人ならわかると思いますがその後の強烈な匂いがずっと残ります。葉元に溜まった牛乳の腐敗臭と聞いたことがあります。レタスの繊細な味が飛んでしまうと思います。一度散布したら翌日には徹底的に水をかけて牛乳を落とすのが正しい方法だそうで、ただ牛乳をかければいいわけではありません。

苗のときは頼りない印象のレタスですが、育ち始めるとどんどん葉が増えます。株ごと切らずに葉のみを採って下さい。だんだん背が高くトウが立ってレタスっぽくなくなりますが、花が咲くまで収穫できます。そのころにはまた次の種をまいておけば、家にいつもレタスがある状態になるので本当に便利です。

レタスはお洒落なイメージがあるのでデリケートな野菜と思われがちです。ですがそんなことはありません。生命力のあるとても育てやすい葉物野菜です。私はレタスの種取りをしますが、種は軽く勝手にあちこちに飛びます。庭に雑草のごとくレタスが生えているのは種取りをやる人ならよくある風景です。

夏向き品種「炒チャオ」
マザーグリーンとバターヘッド
ロメインレタス