growfood365のプランターバッグ

丈夫で一生使えるプランターバッグをメッシュで 作りました。指一本で持てる植木鉢です。特殊コーティングされたポリエステル製の本体はたわしでゴシゴシ洗えてとても清潔。紫外線に劣化しない素材をブランド物の鞄を扱う国内の一流縫製工場が丁寧に縫製して下さっています。

よく見かける不織布製のものとは違い、吸水しない素材には腐敗した水分が滞留することも害虫が卵を産むこともありません。この優れた特性からgrowfood365のプランターバッグはコンポストとしても使うことができます。

細かいメッシュ
丁寧な縫製
日光を通します

プランターバッグで野菜や花を育てよう

プランターバッグ自体はとても軽いので、土を入れても移動楽々です。折り込むことで深さを自由に変えられる利点を活かしつつ土をみっしり入れて下さい。鉢底石は必要ありません。トントンと下に軽く当てて余分な空気を抜くのがコツです。育ってきた野菜が倒れたり水やりすると土に穴が出来てしまうのは土の中に空洞が多く植物の根がちゃんと張れていない場合が多いのです。土をしっかりいれても全面で空気も水も取り入れることができるプランターバッグの特性を是非活かして下さい。土を入れたら一度しっかり水を吸わせて下さい。市販の培養土にはクセがあり、湿ると半分近くに嵩が減るものもあります。プランターバッグでガーデニングを成功させるコツは土を正しく入れる。これだけです。

コンポストとして生ごみ堆肥を作ろう

growfood365のプランターバッグは植物を育てる以外にコンポストとして使うことができます。

生ごみは発酵させれば土に戻ります。環境や季節で各自の条件は様々ではありますが、毎日の食卓から出る生ごみは廃棄しなくてもよいものなのです。コンポストで発酵さえさせれば堆肥となり、その堆肥を混ぜ込むことで土を繰り返し使用することを可能にします。growfood365のプランターバッグで庭やベランダで野菜を育て、生ごみを発酵させて堆肥にし、循環する小さな世界を作ってみませんか?生ごみや食べきれなかった食材をゴミするのを減らしていきましょう。そして不織布製のプランターバッグを使い捨てするのはもうやめましょう。

ユニバーサルデザインガーデニング

growfood365はユニバーサルデザインガーデニングを目指しています。年齢を重ねても、身体に自由がきかなくなってもガーデニングを楽しめる。これからのガーデニングはそうあるべき、そうでないと意味がないと思っています。

例えばプランターバッグのメッシュは水と空気は通すので土を入れても適度な通気性があります。培養土は直接入れ鉢底石を使う必要はありません。growfood365は可能な限り少ないアイテムで園芸の「省スペース」と「物理的な軽さ」を追求しています。また土を抜けばペタンコすることもでき(素材がしっかりしているので空でも自立します!)さらに小さく折り畳んで収納するできます。ライフスタイルに合わせて使ってください。これからも常に勉強して『楽と便利』を追求していきます。ガーデニングを一生楽しめる趣味にしていきたい。志は高くありたいと思っています。

サイズ

高さは好みに応じて折り込んで使うことができます。小さくペタンコに折り畳めます。

M 底20㎝×高25㎝
L 底20㎝×高30㎝
3L 底30㎝×高40㎝

growfood365のプランターバッグが出来るまで

私はもともとテラコッタの鉢でガーデニングを楽しんでいました。花はともかく野菜は大ぶりの鉢でないと育たない。年齢とともに移動させるのが厳しくなり腰も痛めてしまいました。プラスチックプランターもたくさん購入しましたが意外と場所をとるし見た目がどうしても好きになれずガーデニングも楽しいと思えなくなってきました。

どうすれば年齢をかさねてもガーデニングを楽しめるか?考えに考えてたどり着いたのがプランターバッグです。色々な素材であらゆる形を自分で縫うところから始めました。家庭用のミシンでは針が飛ぶので本当に文字通り一針一針手縫いしました。100個以上のサンプルを作って製品化してくれそうな工場を探しましたが、正直どこでも門前払いでした。でも諦めずに続けているうち素晴らしい縫製工場と出会うことが出来、一気に形になったのがこのオリジナルのプランターバッグです。

品質へのこだわりとお手入れ方法

growfood365のプランターバッグの縫製は世界トップレベルの技術を持つ日本の縫製工場。ブランド物のバッグを仕上げる技術が活かされています。縫い目は全てテープで包まれており、張りのある素材の端で手を切ることなどないように配慮されています。産業資材にありがちな、糸のほつれから一気に解ける縫製は採用しておりません。土を入れるものとはいえ、洋服などと同じ縫製方法で製造し、一個ずつ検品しています。growfood365のプランターバッグは何年も使って頂いてこそ意味があるという理念を持ち、数年でゴミとなる消耗品の不織布製とは全く違う観点で製造しております。私は不織布の製造過程においてどのような薬品が使われているか、それが土から根に吸収され野菜となるのにもかかわらず全く表示がないことに疑問を感じています。その点が気になる方にも安心して頂けるものと思っています。

プランターバッグは使っているうちにカルキ汚れが付着します。電気ポットと同じ汚れなのでクエン酸でキレイに落ちますが、注意して欲しいのはそのクエン酸用水が周囲の植物にかからないようにすること。枯れてしまします。カルキ汚れはまたすぐに付いてしまうので私は一晩ただの水(雨水で充分)に浸けてカルキ汚れを浮かし、焦げ落としの固いスポンジで洗っています。