プランターバッグでタマネギ栽培

タマネギ/家庭菜園/根物野菜

growfood365のプランターバッグの特性を活かしたタマネギ栽培。ぜひやってみて下さい。ホームタマネギがもう腐りません。タマネギは害虫もつきにくいですよ!

(growfood365の)プランターバッグだからできることがある

家庭菜園と一口に言っても畑とプランター類では話が全く違ってきます。
私がやっているのはプランターバッグでの野菜栽培。
プランターバッグには袋全体に通気性があり根腐れしないという特性があります。
ご紹介するタマネギ栽培ではホームタマネギを使います。
植付後腐りやすいホームタマネギをプランターバッグで上手に育てましょう!

タマネギの種ではなくホームタマネギ

知らない人は知らないであろうホームタマネギ。言わばタマネギの球根です。
球根だからそのまま定植位置に植えるだけ。
種からよりも作業量が少なく、その分失敗もありません。
束ねたネギのようなタマネギ苗も売っていますが、ホームタマネギの方がずっと扱いやすいです。

一旦苗を作るので時間がかかる
直接定植できる!

発芽すればもう安心

ホームタマネギは一年で一番暑い8月から9月(品種による)に植付けます。
発根させるため充分な水やりが必要なのですがこの時に蒸れて腐ってしまうパターンも多いのです。
通気性のあるプランターバッグの出番ではないでしょうか。
直射日光があたっても通気性があれば蒸れからくる腐敗は防げます。

小さなタマネギです。植えるだけ
まず発根します。この時腐りやすい
葉が出たら一安心です
腐敗がわかりやすいように私は頭を出して植えます
芽が出たらもう安心
後は勝手に大きくなってくれます

太り始めたら液肥をしっかり

ホームタマネギは小さなタマネギなのでそれがそのまま大きくなると思いがち。
でもそうではありません。ホームタマネギは芽を出すと一旦しぼんで無くなってしまいます。
発芽したネギの地面に近い白い部分が太りタマネギとなります。
後は肥料をやるくらい。私はどの野菜にも肥料は少なめなのですが、タマネギには太り始めから液肥をやります。
薄めの液肥をやるとどんどん太ってきますよ。

タマネギ楽しい。楽しいの大事!

失敗しにくいからホームタマネギは初心者にオススメなのですが、やることなくてもの足りないくらいかもしれません。

ホームタマネギは7月くらいから園芸店で売っています。見逃さないで購入してくださいね!