ブロッコリー🥦脇芽が出るから残さず食べよう🥦

野菜栽培

難易度   🔴🔴🔴⚪️⚪️

ブロッコリーはキャベツ科の野菜、カリフラワーやロマネスコの仲間です。播種期も同じく春先と初夏なのですが、春先2月ごろの種まきは私は全くお勧めできません。発芽には加温が必要、成長期がモンシロチョウの産卵期とかぶる、収穫期が夏で水切れが起きやすい。無農薬で育てたい素人には手に余ると思います。素直にプロの作るブロッコリーを買わせていただくべきです。なので種まきは7月頃がおススメ。気温が高くて発芽率も高く、かんかん照り真夏は収穫期と被りません。スティックブロッコリーも同じです。

プランターバッグMかLに直接種まきして一個に一株で育てます。葉物野菜ほど種を使わないので、ホームセンターで苗を買うのも有りです。大きくなるのでプランターバッグの3Lが良いかと思いがちですが、日蔭に移動させたりモンシロチョウの目につかないところにマメに動かすにはMかLが楽です

やっぱり初夏の種まきにしてもモンシロチョウは来るし青虫はつきます。いろいろな農薬があるのでそれを使うと防ぐことは可能ですが、無農薬で育てたいと思うなら虫は我慢すべき。幸い青虫は目につきやすいのでピンセットですぐに摘まめます。葉は食べられても人間が食べる花蕾は食べません。プランターバッグ一個で一株なのでヨトウムシも上がりにくい。ブロッコリー切ったらにヨトウムシが潜んでいたという最悪なパターンもないと思います。

収穫期は冬になりますが、そのころはマメに水やりしないので水切れになりがちです。葉が萎れて元気がなくなったら、茎をもってヒョイとバケツの水に漬けて下さい。私は水やりさぼってこればっかりやっています。これができるのでプランターバッグはMかLで充分です。

私は最初土にコンポストの堆肥を半分くらいい混ぜて元肥に粒状の有機肥料を入れ、あとの肥料は天頂部に実ができてから液肥をやる程度です。土に力があれば、あとは光合成で自分でなんとかするんじゃないかしら?という考え方です。それでおおきなブロッコリーはできてますしお味も良いですよ。

食卓貢献度   ❤❤❤❤🤍

毎日の食事のことを考えたら、ブロッコリーよりスティックブロッコリーのほうが使い勝手がいいと思います。お弁当を作るなら絶対スティックブロッコリーにするべき。少量ずつ長期間収穫できます。茹でたりシリコン容器でレンチンするだけで。彩り良い一品になってスペースを埋めてくれる本当にありがたい野菜です。スティックブロッコリーの方が火の通りがはやいので、シチューなどに入れる場合も加熱時間がちょっとで済みます。

もうブロッコリー植えちゃったよーって時には、メインのブロッコリーを収穫してからも絶対に抜かずに薄い液肥をやり続けて下さい。脇芽から小さなブロッコリーが出てきます。カリフラワーやロマネスコではダメなのになんでブロッコリーだけ出てくるのかは専門外なので謎。脇芽ブロッコリーはスティックブロッコリーより立派だし、けっこう春まで採れたりします。花蕾がすぐに花になるようになったら残念ですが撤収しましょう。

栽培はこんな感じで…